『労災』のご相談なら【弁護士法人心 岐阜法律事務所】

岐阜労災相談室

大変申し訳ございませんが,担当弁護士の予定が一杯のため,現在,労働災害のご相談はお受けすることができません。

Q&A

労災の遺族補償年金とは何ですか?

  • 文責:所長 弁護士 古田裕佳
  • 最終更新日:2023年6月22日

1 労災の遺族補償年金とは?

労災事故で被災労働者が亡くなった場合、残された遺族の生活は不安定になりやすいため、労災では、遺族に一定の補償を受けられるよう遺族(補償)年金の制度を設けています。

2 誰がもらえるの?

遺族補償年金をもらうことができる資格を「受給資格者」といいます。

受給資格者のうち、最も優先順位の高い人が遺族補償年金をもらうことができます。

まず、受給資格者を有するのは、被災労働者が亡くなった当時、その収入によって生計を維持していた配偶者・子・父母・孫・祖父母・兄弟姉妹です。

このうち、妻以外の遺族については、一定の年齢条件や障害状態の条件を満たす必要があります。

受給資格者間における優先順位は定められており、例えば、第1順位は、被災労働者の妻、または、被災労働者の夫(ただし、60歳以上か障害等級5級以上の身体障害がある者)とされています。

3 いくらもらえるの?

遺族数に応じてもらえる金額は変わります。

遺族数とは、遺族補償年金をもらえる人(「受給権者」といいます。)と、その人と生計を同じくする受給資格者の合計人数です。

例えば、遺族数が2人であれば、「給付基礎日額の201日分」を、遺族数が3人であれば「給付基礎日額の223日分」を年金としてもらうことができます。

4 どのように請求するの?

管轄の労働基準監督署に対し、「遺族補償年金・複数事業労働者遺族年金支給請求書」(様式12号)、または、「遺族年金支給請求書(様式16号の8)」を提出します。

その他にも、必要な添付資料がありますので、ご注意ください。

5 いつまで請求できるの?

遺族補償年金は、被災労働者が亡くなった日の翌日から5年を経過すると、時効により請求できなくなります。

6 遺族補償年金前払一時金とは?

遺族補償年金の受給権者は、1回に限り、遺族補償年金の前払いを受けることができます。

一時金を前払いでもらえる金額は、給付基礎日額の200日分、400日分、600日分、800日分、1000日分の中から、希望する額を選択できます。

前払を受けた場合、遺族補償年金は、前払一時金の額に達するまで支給停止されます。

専門家紹介へ

スタッフ紹介へ